鬼火電磁波痛み分け

Oの数は多い方が良いとされる

【DM】ヤイチレコード 6月号

 

 

・Ya-1がどれだけデュエマについて考察したり語ったりしても、結局ツイッターの海に流されて散逸するのではフレーバーテキスト脆弱性と同じじゃないか……と勝手に思ったので勝手にまとめました。

・前後のツイートやイベントなどを丸ごと省いているので唐突だったり意味の分からなかったりするかもしれませんが、そういうものだと思ってください。

・画像を貼りなおすのは非常に面倒くさかったので、一部のツイートはそのままリンクを貼りつけています。

・ざっと日付で分けていますが厳密にはそうじゃないものも含みます より厳密に元ツイートを辿るのであれば、文面でツイッター検索することをお勧めします。

 

 

【6月5日】

 

  • EP世界とDS世界で共通の場所として出てくる「超次元」について、デッドマンが超次元に触れられることは特別だなぁと思っていたら、デッドマンにも目がないことに気が付きました。天才です。
  • デッドマン=ザ=オリジンも名前にオリジンと入っているため、超獣世界にかつて存在したオリジンと似たような存在だと思われます。デッドマンは日本人なので日本神話説とも噛み合います。

 

  • オリジンの擁する神の一柱、【神王】。神王の名前の元ネタはシェイクスピアに由来するものが多いのですが、これはシェイクスピアがお話作りに行き詰まったとき、観光のため日本を訪れ、日本神話を参考に話を作ったというエピソードから取られているのではないでしょうか?

 

 

 

  • 変な入り方したせいで普通に喋りづらいの、高校デビュー失敗って感じだ

 

  • 光と闇が合わさると最終的に灰色の世界が残るの、なんか上手いことヘブニアッシュ・サインを活かそうとしててすごい…すごいけど!

 

  • さすがにロストパラダイス知ってる人デュエマ有識者でもほとんどいないと思うよ ファミルガウディアスの近くにあるアレだよね!ってならないよ
  • ロストパラダイスはあくまでも光文明所属施設だから、ゼニス由来の光デモコマと直接関係があるとは思わないけど でも堕天使の魔園はゼニスが作ったらしいからロストパラダイスも割とそんなんなのかもしれん

 

  • もしかしてライオネルが王に数えられてるの、あの背景MAPで(勝手に)玉座に座ってたからなの?

 

【6月6日】

  • 九極の侵略者が真に目指したものがゼニスであったとするなら、コスト9のまま神を名乗っちゃったGODが偽りの神と呼ばれちゃうのはあまりにも当然なんだよな…(ゼニスはコスト10以上のため) 
  • コスト9でシナジーを生んじゃってる時点で「神を目指す」ことを目指す、という悪循環に陥ってしまっているから、目的意識からしてどうしようもない気がするぞ、九極。「九極はオラクリオンである」という限りなく薄い前提のもとに成り立っている話だからどうでもいいんだけど。ネバーエンドが10コストなのはさすがですね

 

  • パラレル世界を考えるときに結局E3とDSが同時進行なのが一番わかりやすいから、両世界の関係を考えるのが一番やりやすいんだけど、E3の自然文明は薄いのでザウルピオが一番とっかかりがない。

 

  • ルカクラウンや闇キングアルカディアスのイラスト背景を見るに、アルカディアス鎮魂歌とメタリカの間の関係性はしっかり設定が組まれてると思うのだけれど、その設定の中身についてはまったく取っ掛かりがないのでどうしようもないのが現状なんですよね。
  • ルカクラウンの背景には意識的にメタリカの居城、天空城が描かれているし、キングアルカディアスの背景にはタスリクが描かれています。アルカディアス鎮魂歌の時系列は『覚醒編〜エピソード1の間』と明言されているので、本来なら辻褄が合わなくなるはずですが…
  • この方針で行くのはどうでしょう?(闇キンアルとネメステーベの画像) デッキの発売時期、「王家」の単語、同じイラストレーターであることを考えると、少なくとも意識はしてそうなので、これをちょっとしたデッキ⇔パック間連動要素と捉えるのか、背景上で結びつけてしまうのかは微妙なところなんですよね。

 

  • ガットルズにそれぞれ連結、接続、混成、電融、縫合のディスペクターの派閥を担当させつつ、ディスペクターすべてを束ねる存在としてジェンドルがすべての王を使う……という構図、今までの例を見てもかなり珍しいと思う ジェンドルが連結王使っちゃったせいでジェレミーが連結担当だったのわかりづらくなってたよね

 

  • サファイアウィズダムは、自身の科学力によって光文明を発展させてきた(ことを楽しんできた?)ため、原始的に肉体を使って戦う光文明オリジンを排除しようという気持ちがあり、白騎士の創設に関与していた、という可能性はあるかと思われますね。
  • オリジン光文明と現代光文明の違いはサファイアウィズダムによって生まれたもので、サファイアウィズダムが関与していなければ現代光文明が科学力に優れた文明にはなっていなかった可能性は高いと思います。
  • デュエルマスターズにおける『光文明』は、高い科学技術力から生み出されるロボット兵器軍……というイメージによって、MtGの『白』のパブリックイメージと差別化することに成功していますが、これもサファイアウィズダムが光文明にもたらした科学技術のおかげと言えるでしょう。

 

【6月7日】

  • 僕の考えでは、『 必勝!! 闘将ブレードオーガ』において次元を渡ってやってきたスペルサイクリカが、刃鬼に満ちる大量の龍素を感じ取った理由について、一時的に刃鬼がドラゴ大王の役割を果たしていたからだと思っています。鬼丸と刃鬼が合わさってドラゴ大王の役割を持っている、とも言えます。

 

 

 

  • https://twitter.com/Ya139971194/status/1401830955657031682せっかくなので昔作った画像を上げておきますが、やはり以前作ったものなので現在の通説とはいくらか齟齬が生じてますね。特にデスシラズ関連の更新が目覚ましい。
  • 『天命王:魔壊王』はパラレルとしては『オラクリオン派:マントラ派』に相当している、というのがEP3学者としての私が現在唱えている説ですね。というのも、ゼニスがゼロの力に目覚めなかったDS世界では、聖邪の心を持ってゼロの道を歩もうとした者自体が存在しなかったので、オラクルもゼロの力を持っていないんですよね(さらに別のパラレルであるツラトゥストラですら光単である。まぁこいつはゾロスターからしょうがないけど)

 

 

  • 僕のスタンスは龍幻郷を背景ストーリーに組み込みたくない(【ドラゴンを愛した者の心にある】という設定が大好き)ので龍世界辺りの話は他の方にお任せしています。
  • まぁ、でも「仙界は背景ストーリーを愛したものたちの心の中にある」とか言われたら納得せざるを得ないもんな。それはある。

 

【6月8日】

  • メテヲシャワァのFTから考えると、すべてのフェニックスはイデアフェニックスの化身みたいなもんなんだろうな、とは思います

 

  • 有識者、DS世界におけるゴッドの扱いについて会議しましょう ドラグナーとドラグハートの関係はゴッド・ノヴァに近いんじゃないかという気はしています。

 

【6月10日】

  • 闇の国の王は一貫してキラー・ザ・キル(安否不明)で、デス・ザ・ロストはずっと『英雄』と呼ばれ続けるんですよね。デス・ザ・ロストが一体何を成し遂げて英雄と呼ばれるようになったのか定かではありませんが、もしかしてランド大陸にもともとあった自然の国とか潰してないだろうなコイツ?
  • ランド大陸には火・光・闇の3つの国があり、そこに存在しない水文明の場合はギュウジン丸の追放によるものではないかと推測できますが、自然の国が存在しない理由は不明なんですよね。潰されてないだろうな。本来ならプチョヘンザがそこにいるはずなんですよね。(トリケラXは自然の革命軍リーダーとして紹介されていましたが、やはり国が存在していたということではないようです)。
  • 革命ファイナル期まで姿を表さなかったダママ団及びプチョヘンザですが、本来はランド大陸の自然文明を司る存在だったのではないでしょうか。じゃあ、テック団はギュウジン丸の作り出したものだった、とか?謎を愛する集団…
  • テック団は革命ファイナルで突然出てきたことや、「謎を愛する」「二択から"正解"を選べる」といった要素から、ギュウジン丸との関連を疑うことは十分に出来そうですよね。

 

【6月11日】

 

  • DSゼニスはアンノウンを通してパンドラ王家と接触したりしなかったのだろうか?あるいは、超次元にパンドラ王家そのものが存在せず、超次元が空いていたからこそドラグハートの存在できる空間となっていたのか?

 

  • 実は意外とエピソード1にあたる話があまりない。やっぱりデッドマンはエイリアンだったのか……いや冗談はおいておいたとして、ガイアールを封印した白黒(当時?)のクリーチャーなんだからシャーロックだよな 白黒から無に至るEPの無色の基本概念と、白黒からすべての色を欲したデッドマンで対になってるのか なるほど
  • ゼニスがドラゴ大王に倒されたあと、ライオネルだけ捕まえたんだろうな、デッドマン…
  • あるいは、デッドマンが最も欲していた龍はドラゴ大王だろうから、ドラゴ大王に立ち向かう意志を持って生まれたゼニスすらデッドマンの手引だった可能性もある……と言えるかも。
  • ドラゴ大王は「支配を嫌う、自由の象徴」であるドラゴンの王、ドラゴンの概念そのものだから、ドラグハートにするのは相当難しかったのではないでしょうか。
  • わざわざドラゴンについて「支配を嫌う、自由の象徴」であると前置きされているドラリンパックにおいて、オラクルにドラゴンが誕生しているのはやっぱりすごいよなぁと思います そういえばドラゴ大王の支配を打ち破ったのはエバーラストでしたね?

 

【6月14日】

  • マスター・ドラゴンの中に含まれているスターとはスターノイドの近縁であることを示していたんですよね。マ・スター・ドラゴンというわけです。マ?
  • 多色化したことによって両色レクスターズラインがデザインに取り入れられることになるのカッコいいですね。
  • 今までスターノイドは、その名前から、星に関連がある種族と思われてきました。しかしそれは欠落した資料による推察だったのです。彼らの正しい名前は『マスターノイド』。彼らはマスター・クリーチャーとなるべくして産まれた種族だったのです サファイアウィズダムは旧世界光文明のマスター・クリーチャーだったということです。

 

  • 闇の七王、十人いるじゃねーか!とか言ってたけど、そもそも五王が六体いるんだもんなデュエマ。
  • 五大王は仙界住民なのでディスペクターのことはすごい嫌いだろうなと思います。仙界民は超獣世界の平定が第一の目的っぽいので、そういう意味でディスペクターに最も敵対する勢力なのではないでしょうか。ゴッドめっちゃディスペクターにされてるけど…大丈夫かな…

 

 

 

【6月15日】

  • バサラのレッドゾーンはなにかしら毎回新規あるので、ここらでブラックアウト派生とかだと面白いかもしれません。
  • 余った(?)ヘヴィデスメタルとかはこのパックで継承済ませるのかもしれませんね ディスペクターのドロップした素材を割とそのままにしてきてる。
  • 背景の掘り下げはある回です なんかこういうのはキャラパックのフリして背景の掘り下げをキッチリやってくるタイプのパックなのでこわい キャラでまとめるということは背景の勢力でもまとまるということなので

 

  • ペガサス、受け継いだように見えて「ない種族」だからおもしろい。ペガサス?セイントじゃないペガサスってペガサスだったのか

 

  • ドラゴンを目指したドルスザクが受け継ぐものがドラゴンでもエモいし、デスザークのモチーフはデスフェニックスなのでフェニックスでもエモい、どっちでもウマみあるよな……と考えていたらどっちでもなかったので後ろにひっくり返ってしまった。
  • 五大王を前面に推しだして来てるのにテラスザークをデスフェニStarにしなかったのは明らかにわざとなので、そこまでして使わせたくないなにかしらはあるんだろうな…と感じる。
  • もうこいつ何継承してもエモいだろ……の構えから「それはエモくないだろ!!!!」が出てくるのはさすがデュエルマスターズだ。さすがなのか?
  • えっと……ナーガは中国で竜と混同された歴史があるので……ドルスザクとは竜の紛い物としてのつながりだと思われます。そういうことです。エモいな。
  • ナーガは漢字で書くと「無ー我」我の無いテラスザークにナーガは共鳴し力を与えたのです

 

  • キューティハート、一見かわいいが実は怖い、というところが本質なので「かわいいだけ」というのは結構ディスペクトなのかもしれない。

 

  • ガイゼキアールも名前違ったことあったし、ディスペクターの冠詞は結構ギリギリまで考えて直したりしてるんだと思います。 なんでそんなとこ真面目に混ぜてるのよ!!!
  • デュエマ㊙情報 本来ならジョバンセン・ガロウズが混成SRになる予定だったが、「やっぱボルメテウスさん烈伝に載ってるほどの格あるし、なによりデュエマの顔なんで…」とジョバンセンが先輩を立てたことでBWMが混成SRの座についた。 ガイゼキアールにはそんな後輩がいなかった

 

  • Ya-1のデュエマアカウントは当初デュエルマスターズの胡乱な話を並べる怪しいアカウントになる予定でしたが、公式のほうがよっぽどおかしいので諦めました。心を入れ替えて真面目に背景ストーリーの話をしたいと思います。

 

 

【6月16日】

  • (敬虔なデュエマ信者なのでカードゲーマーも拝読しましておりますが)王来篇、新クリーチャーが過去の力を得て戦うだけのシリーズだと思っていたんですけど、2弾から本格的に過去クリーチャーそのものが参戦できるようで、過去の背景そのものから干渉してきているんですよね。 王来篇、ヤバいですよ。

 

  • 誰とくっつけられるかは問題ではなく、ただディスペクターにされて『自由を奪われる』ということが自由の象徴カツキングへの最大のディスペクト。カツキングを救うためにアウトレイジが参戦!!どういうこと!?開発にエピソード3の熱烈なファンがいるよ!
  • もちろんアウトレイジアウトレイジだから…っていう部分もあるとは思うんですけど、この理論ズルすぎなんだよな。どこにいても許される存在
  • 今考察するとカードゲーマーのネタバレを含んでしまうので、特に何も言えないんですよね。アウトレイジ関連は色々と面白そうです。勝災電融王がまだ登場していないことを含めて期待が持てます。

 

  • カツキングがディスペクターになった世界だとイズモくんはどうするんだろうねというのが目下気になるところではあります。
  • (「イズモくんはこれ幸いと言わんばかりにカツキング勝災電融王殴るんじゃ無いかな……… (デカ目の殴り倒す理由ができたため)」というツイートを受けて)でもまぁそれが結果的にカツキングを救うことになるのでそれが一番いいんじゃないかな…みんな幸せって感じで…
  • イズモくん、和解ENDの割にそんなに納得してなさそう(納得したのはヨミ)なのでそういうことはありそう。イズモくんは引き下がったというよりは、負けたから納得せざるを得ないという感じなんですよね
  • エピソード3、割と「ごめんね(怒)」「いいよ(怒)」みたいな終わり方したのにその後ちゃんと平和が保たれてるのえらいな…

 

  • 結局E3後のオラクル教団って誰が運営してるんだ?デスシラズ(仮)もゾロスターももういないし。そのへんの話するのかな? ロクな人材残ってないでしょ、オラク

 

【6月17日】

  • いや、リヴァイアサンはアアルカイトがもらっておけよ!
  • 僕はずっとウェイブとウェイボールは別個体だと思ってたんですけど、なんでだったのかは覚えてないんですよね。明確な記述も見つからないです。

 

  • 新章~超天までのマスターが一気に集結…はいいんだけど、ガイアハザードだけ露骨に抜かれてるのはなんかあるんでしょうか。忘れてるような開発じゃないことは信頼してるから大丈夫なんだけど、そうなるとむしろ大きくフィーチャーされるのを期待してしまう。
  • デュエマ開発、昔の背景ストーリーのこと忘れてるんじゃないの?みたいな声はよく聞くんですけど、むしろ開発者が一番背景のこと好きなんで…
  • デュエマ背景考察に一度でも関わった人なら、開発が背景大好きでずっと背景のこと語りたいのを知ってます。 たまにほんとに設定忘れてるのも知ってます

 

  • ガイハートの伝説、超銀河剣と話が混ざってたりして。戦国武闘会で大きな結果を残した超銀河剣のことが伝説として残っていて、銀河を刀身に宿す大剣ガイハートがそれと混同されたのかもしれません。

 

【6月18日】

  • フィオナの森はドキンダム覚醒時にD2フィールドが発生したドキンダムゆかりの地の一つです。
  • 大丈夫です。安心してください。開発者は背景ストーリー大好きなので、わかった上で燃やしてます。安心してください。安心……安心して!!
  • デュエルマスターズ開発者は本当に背景ストーリーのことが大好きで、ちゃんと過去の用語とか設定を覚えているのはプレイスの設定補完を見てもわかるとおりです。つまり考えた上で軽率に燃やしています。どうなってんだ。

 

  • 世界を滅亡させる規模の敵と概念書き換えバトルをするまでが王来篇2弾なんですけど、もっとこう…段階を踏むとか…ないんですかね?
  • 残りの王、どんどんハードルが上がっていかないですか?ドキンダンテを超えるのそうそうできないと思うんですけど…

 

  • フィオナの森も無事に燃えたことだし、水文明は12のプログラムにも触れるかなって思ったら全部起動しちゃって笑ってる。ちょっとまって
  • リキッド・ピープルがいるみたいなのでやはり過去世界に直接干渉してそう。
  • すべてのプログラムを同時起動した結果、水文明全体のコンピュータを駆使しても熱暴走が起こるほどの情報量であり、その結果としてリキッド・ピープルが蒸発、と読めるため、熱そのものは副次的な効果なのではないでしょうか。また、結果的にプログラムそのものは起動できなかったように思います。じゃあ同時に起動するためのスイッチなんか作るなよ!!!!!!!

 

【6月20日

  • 背景書いてないタイプのパックだったわけだがこれらの存在はどう解釈すればいいんだ……ゴールデンベストと同じ方向性かな?

 

  • ドラゴンがついている&額が割れている ということがどういうことなのか、ドラゴンサーガに元からある要素だけで推測できるのがいいですね。こいつジュダイナで殴られたの3回目なんじゃ……もう一回目とかただの殴られ損だろ
  • ドラゴンになっているイメンくんですが、彼は原始龍の力を呼び覚ますジュダイナに二度殴られてもドラゴンにならなかった過去があるので、さらにもう一度殴られたものと思われます。かわいそうに

 

  • デッドマンという存在はドラゴンサーガ以前から存在、暗躍していたわけで、デッドマンが正体を隠していた(?)先であるナム=ダエッドが、わざわざジュダイナの力を借りて元に戻る必要があったのか?というのが引っかかる。
  • ジュダイナが呼び起こすのは原始の力。デッドマンはなんらかの理由で力を失っていたが、ジュダイナの力を借りることによってかつての自分(オリジン)の力を取り戻すことが第一の目的であった?デッドマンがわざわざジュダイナに殴られる必要があるかといえば無いが、まぁ殴られといたほうが力が手に入るしとりあえず殴られといた可能性は高い。他の龍を目覚めさせることも可能だし、デッドマンがドラグハート化によって手に入れた最も大きなアドバンテージはジュダイナなのではないだろうか。

 

  • デュエマTV、あまりにも貴重な背景資料ではあるのだが新たに観る手段が存在しないため、手元に録画等映像資料がある者はそれだけで情報優位に立てるとされている。デュエマTVの映像を持つ者、デュエマ考古学を制する、との伝説もある。

 

  • 背景フレーバーテキストがえがかれないことと背景を掘り下げないことは違うと思いますよ。今回の新カードは十分に足がかりになると思います。テキストだけがフレーバーではないのです。

 

  • デッドマンザオリジンは時系列的にはドラゴンサーガ以前のはずなので、オラクルと思想的な部分を共有した白黒であったとしても種族としてそのまま繋がりがあるわけではないんじゃないかなぁとは思いますね

 

  • そもそもドラグナー・ドラゴンってなんだよって話からしないといけない。ドラグナー・ドラゴンってなんだよ
  • デッドマンがドラグナーの力に目覚める→超次元の存在を知り、ドラグハートの可能性を知る、に至るにはやはりDS次元側にも次元の裂け目(パンドラへの入り口)が必要なはずなので、戦国編末期に超銀河弾による裂け目が誕生したのと同じような事件があったのではないでしょうか。

 

【6月20日】新カード《ナム=デッドマン》を発端とした、デュエマ背景/設定考察勢のツイートまとめ - Togetter

 

  • DS世界にHELLがあるかどうかはともかくウェルカムなヘルの人はいるので彼が……ナイト……ファンキーナイトメア……そうか……そういうことだったのか……(そういうことではないですよ)  ウェルカムなHELLとパーフェクトな超銀河(ギャラクシー)だからな……(?)
  • デスシラズとエバーラストの登場は明確にE2以後(ゼニス全滅後)なので全部嘘です。

 

  • ジュダイナに殴られた者は原始の力に目覚めてドラゴンになる……DS世界におけるオリジン(種族)はドラゴンだったのだ!!!!
  • 適当に言ったけど、これって結構アリなんじゃ……実際のところ、仙界とオリジンに関係がある可能性があるのなら(あるとは言ってない)、龍幻郷に守られている(とは言ってない)DS世界のオリジンがドラゴンだった可能性は高いのでは?「EPオリジン=DSドラゴン」説はもうちょっと掘ってみても面白いかもしれない

 

  • エバンナムダエッドはデッドマンになったナムダエッドとは別個体だったとの見方が一般的です(どこで?)

 

  • ジュダイナが殴った対象を古代龍に変化させる条件は「サソリスが十分な量のドングリを食べていること」つまりドングリが古代龍化の大切な要因。ここから、オリジンの埋め込む球体アークと同じ役割を果たしている、DS世界における特別な球体のことがわかる ドングリだ サソリスはビーストフォーク號にジュダイナを使ってドングリを埋め込むことで、変化したジュラシックコマンドドラゴンを意のままに操ることができるのだ

 

【6月21日】

  • ドキンダンテ、もはやあらゆるラスボスの規模を超越しつつある
  • すべての滅亡の可能性が同時発生したということがどういうことかというと、七王の円卓は間違いなく崩壊しているだろうということです(1弾ぶり3回目)

 

  • まぁこの手のフィジカル無さそうな敵はジークシュトルツでも止めれるのでなんとかなりますね(デュエマ概念バトルには変な相性がある)  多分まだサナトスのほうが強い
  • ジークシュトルツは敗北をなかったことにするだけなので、各地への甚大な被害は残ったままになるんですけど、ジークシュトルツとしては負けてないからいいんですよ!
  • ディスペクター、意識がなさそうなのでユスティーツァでは勝てない(罪の意識を感じない者に勝てないため)
  • プロタゴニストの本質は「めっちゃ強い主人公補正を得る」だけどドキンダンテはめっちゃ強いラスボスなので多分勝てない

 

  • 革命能力って基本的に「時間の流れを革命するもの」なので時止まってても出力によっては勝てますよね(ジャオウガのソレが革命に近いものなのか別種のものなのかは不明として)  ギミックとしての鬼タイムが革命能力のオマージュであることが公式で示唆されたのであればフレーバーにも活かせるという考え方はあるかもしれません(基本的にはギミックとフレーバーは別のものですが)
  • デス・ザ・ロスト氏も革命能力くれればよかったのに、「無をもらうのは面白いから力を貸すけど、結局何ももらってないからそこまでは貸さないよ」くらいの気持ちだったのかもしれん。

 

  • なるほど今回のSRレクスターズは継承のフレーバーが一文で済むから残りのフレーバー枠を全部メインストーリーに回せるのか… なんで回した分がドキンダンテによる被害報告書になってるんだ
  • ゾルネードシヴァもゲンムエンペラーが倒してるんで、SRレクスターズ組はほとんど話に絡まないと思います。思い切った構成ですね

 

  • ゲンムエンペラーとテラスザークって仲いいんですかね?テラが単位なのでしっかりゲンムエンペラー傘下の雰囲気があっていいですよね

 

【6月22日】

(公式生放送でのフライング開封

  • 僕はあまり競技に突っ込んだ話はできないので殿堂のことはよくわからないですが、開封からフレーバーを読み取るのが楽しみです。

 

  • ドキンダンテの力によってあらゆる滅亡の可能性が現実になった今、滅亡を呼び覚ます最強の王国、ラッキョウ王国も復活したというのか…!?

 

 

  • ラッキョウ王国の戦士のひとり、アリウムの名前につく有毒野菜という言葉、つまり毒を持つ野菜であることから彼が闇・自然文明であると思われるのだけれど、これは比較的最近設立された王国である不死樹王国の前任を努めていたことを指しているわけないだろ。

 

  • 「フレーバーにしかいなかったマルバスっぽいやつがカード化された」→「やっぱりマルバスではなさそう」の流れ中々意味不明だからすごいんだよな。
  • 「アルカクラウンは実はマルバス」はデュエママニアック知識のひとつだと思うんですけど、そのもう一階層下のマニアック知識に「アルカクラウンは実はマルバスではなさそう」があるのおかしいと思う

 

  • 20周年だからってデュエマ背景大事件をドキンダンテで全部巡ることある?

 

 

【6月23日】

  • フィオナの森燃えたの序の口すぎるだろ その程度で済むなら燃えててくれ
  • ドキンダンテ滅亡シリーズ、闇の七王が入ってしまったことで「なるほどこのあと勝手にどうにかなって解決するんだな」というコント色が強くなってしまった
  • コントの小道具にオリジナルハート持ってくるのはオリジンに失礼だからやめたほうがいいと思う
  • まだ見えてないHELLの乱射が「Ⅰ」の段階で起こってたら次元の歪みは全部そのせいです デュエルマスターズなので全部シーザーのせいにするかもしれません

 

  • バラギアラ・ゼニスはあくまでもドキンダンテによる災害の可能性の提示として現れた種族であってディスペクターではないんですよね。ややこしいんですけど
  • バラギアラは「他の文明の力を取り込む」事で擬似的に5文明の力を扱える特殊な存在なので、目の前にゼロ文明があればその力を取り込むことは元々可能だと思いますが、それによってレインボーなのにゼロ、という矛盾が発生し、矛盾が発生したことでゼニスが発生してしまうんですよね。無限ループか?(バラギアラだから)
  • 新章世界の根幹となる設定は、5文明を貫いているのに誰が作ったかわからないという「世界をつなぐ柱」ですが、バラギアラも虹の柱で5文明を貫くという似たようなことをやった経歴があるので、世界設定的にも重要な奴なんだと思ってます。

 

  • 僕が背景上で好きなクリーチャーはブラックホール・サナトスなんですけど、最近対消滅しました(14年ぶり2回目)。まぁ、実際対消滅しただけマシなんですよね。アナスタシスいないとマジで滅亡して終わりだったので

 

  • ボルメテウスの引換券なのでお宝、なるほど歴代パーロックシリーズのギミック付きフレーバーを活かしながら引換券にするには素敵なフレーバーですね

 

  • ディスペネ・ユグラシル、超天篇でヘルエグリゴリにゴリッとエグられた後に今回ドキンダンテに衝突されてるのでまた災難な土地が産まれてしまったな。

 

  • ガイアール、ツッコミ力が足りないので諦めてしまった ブランドもまぁめちゃくちゃな時代に生まれてきたけど、ガイアール時代のほうがよっぽどめちゃくちゃだったからツッコむほどのことでもなかったのかもしれないな
  • 使いこなせと言われたので乗りこなしましたが、使いこなしてはいるので問題ありません

 

  • それはそれとして、様々な因縁のせいで戦場に知り合いしかいないガイアール。ガイギンガはガイギンガとして別枠で魂あるみたいなのすごい……すごいな。今回、英雄の魂を救う方法がディスペクターの肉体を破壊することだとわかったので解決方法は楽でいいですね。
  • ガイアールとガロウズが仲良くなってるの、割と深くフレーバー追ってないと知らなくないですか?アンノウンと戦うことを決めた時点でハンターとエイリアンは戦友ですよ 絶対絶命で最凶最悪って言ってるせいでわかりづらいんだけどこいつ味方なんだよな……
  • アニメではガロウズがラスボスだったので、背景で手を組んでアンノウンと戦ってたのは結構知られてないかもしれません。ガロウズに滅ぼされた白騎士のことは忘れてください。
  • ここまでガイアール周りの設定詰められるとジョバンニとかアトムの方が疎外感感じてそうでかわいそうだな
  • 急にガイアール×ガロウズのオタクに対する供給がアツいですね。居た?僕は「今まで戦ってたライバルが最終決戦で共闘」というベタな熱さが好きなので元々ガイアール×ガロウズは大好きですけど……
  • ガロウズ、最期にガイアール本人ではなく、ガイアールが最も大切にしていた"ガイアールの友"リュウセイを守ったところが"理解"ってるな……と思うわけですが

 

  • ガイアール×ガロウズが大好きなので関連フレーバーを調べてみましたが本当にほとんど絡みありませんでした。幻覚を見ていたのか?あんなに仲良くしていたのに……
  • 関係性のオタクは現状存在しているテキストから最大限まで"関係性"を抽出しているので、その過程で幻覚を見ていることがある

 

【6月24日】

  • デュエル・マスターズの背景グッズが出ないのは!!売り出したところでちゃんと需要があるかわからず、売れなかったりしたら困るからなので!!みなさんが背景の話をいっぱいして、需要がある、売れる商品だと公式にわからせてやる必要があるんですよ!!!!
  • 公式が資料集を出さないから追えない→追えないから新規が盛り上がらない→盛り上がらないから資料集が出ない 無限ループが完成してしまったな やはりループは規制したほうがいい
  • 超獣王来烈伝はかなり背景寄りな商品だったので凄かったと思いますよ。アレが出ただけでも流れは来てると思います 皆さん、超獣王来烈伝が売れないとどうなるか……わかりますね?

 

  • アルカディアスから受け継いだ剣と盾で戦うのか…記憶がまた捏造されてるな…
  • アルカディアスモモキング、ドキンダンテに「もはやその邪な剣は閃かぬ」って言ってほしいんだけど今度はドキンダンテが剣を持ってない
  • 改めてアルカディアスの数々のFTを読むと「まぁこいつならドキンダンテには勝てるな…」って思う 如何に強大な力であろうと邪悪なる意思を持つ限り聖霊の王に届くことは無いので…
  • そう考えるとフレーバーとギミックの噛み合い的にはドキンダンテに光が含まれてて光の呪文使えちゃうの変じゃないですか?

 

  • ガイアール、親友のリュウセイが一番ふざけてたから些細なことには動じないよ
  • ガイアールくん、オロチとくっつけられたリュウセイに関しては心配してなかったので「まぁアイツならアレで大丈夫なんだろうな」くらいの気持ちでいるよ 尻尾に変なの付いてるけど…ヨシ!

 

  • エピソード1以前は超全集持ってないとマトモに背景ストーリー追えないのでその辺だけでもまとめて出してほしいなと思うことはあります ガイアールの活躍は超全集に書いてあります
  • エピソード1にZが出るのフレーバーにひとつも書いてなくないですか? Zのついでに闇文明がボッコボコにされるシーン書いてないんだよな。書いてなくていいけど…

 

  • いくらディスペクターとはいえ過去の英雄を倒すのは……と思っていたところに「肉体を破壊すれば魂が解放されるよ」という設定が追加されたことで、やれ!どんどん倒せ!という方向に持っていけたのはよかった。肉体を粉々に破壊しろ!

 

【6月25日】

  • リストきた まとめ作業します
  • サッヴァークとデスザークの共闘はやべえやべえ
  • 新しい単語がいっぱい出てくる…
  • 七王だけ勝手に死んでる
  • あ!ドラゴンサーガのオタクが全員エモ死した!!!!
  • ドキンダンテ倒してないじゃん

 

  • ブラックモナークイデア・フェニックス≒ドルマゲドン くらいのパワーバランスなんだろうな、みたいな雰囲気はありますよね
  • ドキンダム≒ゼニス≒バラギアラ がその一つ下くらいにいる。シャングリラ単体はもう少し高いかも

 

  • 大変なことが同時に起こって収拾がつかなくになっているのに、ちゃんと消し飛ばされてオチをつけてくれる七王+二王はコント集団の鑑なんだよな。
  • 今回起こった災厄は「歴史上の英雄たちが救ってきた世界消滅の危機」の改変なので、七王がそこに含まれていたということは七王も世界を消滅させる程の力を持っていた可能性があります。ほんとかよ。
  • デスザークは間接的に世界を救っていたので今回レクスターズになれた。全ては七王のおかげだ。
  • 戦略パックでバラギアラ入るかな?クロスギア入るかな?って妄想できるけど、七王だけは9枚必要だから絶対カード化しないの最高なんだよな。

 

  • 現在のもう一つの可能性、未来のありえる可能性はともかく、過去の可能性ってなんだ?というところでちゃんと過去から可能性を持ってくるデスザロストは本当に意味がわからなくてすごい。

 

 

  • イデアフェニックスが単体で顕現し得る存在であることには驚いた。フレーバー上にイデアフェニックスの文字が登場することで我々ユーザーがイデアをつかみアウフヘーベンさせてしまったのかもしれないな。
  • イデア・フェニックスはあくまでも永遠の概念であるフェニックスにイデアを与える存在(美と結びつくことで永遠の美を象徴するヲヲロラシアタァが産まれたように)だと思っていたが、我々がフェニックスをイデアとして観測することが出来るならそれはイデア・フェニックスそのものとなるのかもしれない。

 

 

  • 水文明が科学力で再現したドラゴン、という設定はめっちゃ好きなんだけどあんまり出てこないんですよね、1059

 

【6月26日】

 

  • ドキンダンテ滅亡シリーズ、オール・オーバー・ザ・ワールドが龍解しなかったのはちょっと意外だったんだけどパック内のドラゴン・サーガ密度が高くなりすぎるからなのだろうか。
  • ドキンダンテによって起こされたオラクルの復活、ゼニスの降臨、超銀河弾の発射、オリジナル・ハートの再生、など今後出てくるであろうディスペクターに関わりがあるものが多いのでその関連で対決したりするのかもしれません。ギュウジン丸にとってはドキンダンテの存在が一番の災害だが…
  • 今回倒せなかったならやっぱりドキンダンテはドギラゴンに倒してほしいなと思うわけですよ。なぜか王に名前を連ねていない男!

 

  • デッドダムドの存在はだいぶ終末シナリオのひとつですよね。復活(存在してないけど)しなくてよかったな。
  • デッドダムドは明確に「起こりうるが起こらなかった滅亡の未来」の描写なので、今回見えてないだけで実際にはどっかで現れてたんだろうなと思います。
  • もしかすると「デッドダムドが完成した未来」ってドキンダム存在不能になるからドキンダンテとしてはまずかったのか。
  • デッドダムド、完成しても結局いつか中からレッドゾーン生えてきて破綻してそうだよなとは

 

  • あと3体も王が残ってるのに裏で操る者の存在まで示唆されているのでどう考えても間に合わないんですけど、十王篇のときも半分過ぎたあたりで「どう考えても間に合わない」って言ってたので大丈夫なんだと思います
  • 2弾時点で敵側の王4体残ってた十王篇、「間に合わなくないですか?」ってずっと言ってた

 

  • ゼニス関連や超銀河弾関連をディスペクター王と絡めて終わらせたとしても、ブラックモナークイデア・フェニックスとかいうガチで規格外の化け物が残っちゃってるのどうしようもなくないですか?
  • ブラックモナークサファイアウィズダムがなんとかするだろうし、イデアフェニックスはドラゴ大王が再び龍世界から現れてなんとかしてくれるな……ヨシ!
  • ドラゴ大王とイデアフェニックスのマッチアップ、龍の根源と不死鳥の根源の対決という夢のバトルなのでたいへん見たい。
  • サファイアウィズダム、ブラックモナークが出てきただけでめんどくさくなって帰った前歴があるのであまり期待できない。上位クリーチャー存在、世界がめちゃくちゃになるとまずいらしいことを自覚しているので、あまり出てこないし出てきてもすぐ帰るやつが多い。

 

  • ボルメテウス武者ドラゴンとウルフェウスが合体したボルフェウス・ヘヴンの魂を受け継いだのになぜかボルシャックになってたやつを見ると「まぁいびつな過去かもな」くらいの気持ちにはなる

 

  • 背景ストーリーのオタクは、原作の文章の絶対量が少ないのでそれを補完するために幻覚を見ていることがあります。許してあげてください。

 

【6月27日】

  • クロニクルも勝舞と勝太それぞれのものだし、キングマスターもボルシャック、ガイアールとそれぞれの初代切札を順に出して来ているので、王来篇のラスボスは勝舞編のラスボスと勝太編のラスボスを混ぜたディスペクターがいいかな…と思うんですけど、ドルマゲドンはともかくディアボロスは格が低すぎる
  • デビルディアボロス、単体で見るとそこまで格が低くないはずなのに Z<アンノウン<ゼニス が支配階級として確立しちゃってるのが痛すぎる。

 

  • デスザロストの持つ革命の力は「過去」であることが前提なので、過去に遡ろうが永遠に「現在」にたどり着くことはないはずなんですよね。存在した時点では現在になってしまうので
  • ミラダンテはどこの未来からきたのかよくわからないことでネタにされるけど、本当に過去に存在したかどうかもわからないデスザロストの方が問題ではある
  • ミラダンテも同様に未来という概念なので、いつかの未来にしか存在しないんじゃないかなぁとは思いますが
  • ミラダンテを呼び出すのには、レッドゾーンを殺す思惑のためにギュウジン丸の手が入ったわけですが、結局ドギラゴンとミラダンテだけじゃレッドゾーンに勝ててないからやっぱりダメそうなんだよなこの計画。
  • いずれにしても奇跡を起こした本質としてはミラダンテ、デスザロストの存在そのものよりも、ミラクルスターの祈りでありキラーザキルの犠牲だったのではないかなと僕は思いますが
  • 「未来から来た」「過去から蘇った」などの具体的な記述がある奴らよりも「どこかに居た」プチョヘンザとダママ団が一番謎のままなんだよな

 

  • ファイナル革命の描写、「すごい強い攻撃」という物理的描写しかないけどそれはそれでいいのか?
  • 革命 = 「過去」「現在」「未来」それぞれの可能性を象徴し、過去、現在、未来を変革、時間という概念を打ち敗れるかもしれない力  ファイナル革命 = すごいつよい攻撃
  • これだけ聞くとファイナル革命ってなに?ってなるんだけど実際にすごいつよいのでドキンダムとか倒せてすごいつよいんだよな……すごいつよい……
  • ドキンダンテが使っているのはミラダンテXII、つまりミラダンテの革命ゼロではなくファイナル革命の方なので、アレがファイナル革命本来の力である可能性は高いですよね。
  • ファイナル革命の描写が本編にないためどのような能力かは推測するしかなのですが、滅亡を呼び寄せたドキンダンテと対極に、未来に希望をもたらす力だったのでは。
  • プチョヘンザはどっちかというと過去寄りなのかな、みたいな話をしようと思ってたら嘘になってた。嘘になるまでが早すぎるこの世界。一応「自然文明はどちらかというと過去を扱いがち」みたいな話はできるんですけどそこ止まりですね

 

  • あぁ時の進みが止まってても「現在」の革命の力ならなんとかなるかもしれないのか

 

  • シャングリラ、話の続いてるエピソード3を通過した上でなお格が上がってしまったのがズルいんだよな。前年度のボスを崇拝するだけの話を一年間やるの宗教的すぎる。いや宗教の話なんだけど……

 

  • ドキンダンテ、最初は槍飛ばしてるのかと思ってたらこれ時計にくっついてる針なんですね 時計の針なのかーで納得できればいいのに4本ついてる上にXの字を崩すつもりはなさそうだからこれはなんなんだ
  • 時の概念がないため時計は必要ないという意味なんですよね。
  • ドキンダンテの話、何をやってもめちゃくちゃになってしまう これがドキンダンテの力?

 

  • 革命編あたりが一番好きなので革命の話ばっかりしちゃうんですけど、ドキンダンテは革命編の化身みたいな存在なのですごい好きです。めちゃくちゃすぎて革命どころじゃないんですけど。

 

  • ジゴクシヴァクにKが入ってないのはメタ的に言うと「こいつ実はマスターじゃないんじゃ?」とユーザーにそれとなく気づかせるための伏線だったんだろうけど、作中でも思われてそうだからおもしろいんだよな。
  • ジゴクシヴァクは周りのイニシャルズが「お前の名前、Kって入ってなくね?」ってツッコまなかったのかが一番気になる。
  • (「ジゴクシヴァK」というリプライを受けて)一番後ろの文字 = イニシャルの逆 = 裏切り者 …ってコト?!
  • ジゴクシヴァクはJIGOK SIVAKと表す。イニシャルズの特徴とは逆に最後の文字にKがついておりこれはイニシャルズの裏切り者であることを表している。 また彼のフィールドは拳を地に叩きつける形になっているが、Dスイッチを使うと拳が上を向き革命のマークになり革命軍である証となる。 #デュエマ嘘知識

 

  • 七王は暗黒の太陽を生み出した闇文明の長。超獣世界の月であるオリジナル・ハートと共鳴することで、太陽と月の力が揃い、最強の力を得て復活することが出来るのだ!(太陽と月は最強なので) #デュエマ嘘知識

 

 

【6月28日】

  • イデアフェニックスとイデア闇文明が同時に顕現してるのなんかいいですね イデア闇文明ってなに?
  • 光文明が不死を観測したら聖母になったのは面白い
  • 前提となるイデアフェニックス論の論文が発表されてないので難しい話になってしまいました
  • 不死なるモノって宇宙、ユニバースだよね、って言われて終わるのが不死鳥編
  • 闇文明のイデアたるブラックモナークイデア・フェニックスの本質を同時に観測できたとしたら、それはドルスザクを産み出し利用した闇の七王だけなんじゃないかという気はする
  • これはデュエマ背景ストーリー学部の分野ではなく、デュエマ哲学部の分野になります

 

【6月29日】

  • Ya-1のデュエマ風説流布、はじめていくか……
  • Ya-1の新カード風説流布、今日のカードは《沸天混成ジョバンセン・ガロウズ》!ジョバンニから取られている文字が「天」なのはジョバンニが「Ⅹ(10)世」だからなんだ!ではまた次回!
  • そんな毎日嘘思いつくほど発想力に富んでるわけじゃないですよ
  • デュエマ嘘サムネが流行ったら僕のせいになるのでやめてください。

 

  • カードデザイン的な話で言うならば、アレグスカルは普通にくっつけちゃうと サイバームーン/ダークロード とサイクル中でも飛び抜けて種族弱くなるので、ドラゴンかコマンド持ってる他に合わせてコマンドくらい付けておきたかったのかなという感じはしますよね

 

  • 今回のアンケート、好きなフレーバー選ぶのだいぶ無理じゃないですか?もうちょっと小分けにしましょうよ! でも、好きなフレーバーを選ぶ欄がずっとあるってことは、意識調査によってフレーバーテキストをおもしろくしようという意思があるということなので、フレーバー検索までもう少しか?
  • 結局フレーバーは七王関連に入れざるを得なかった。熱心な七王ファンだから…。 サナトスには入れられなかった。まぁ消滅シーンしかないしいいか。

 

  • エピソード3におけるゾロスターの役割は「神を理解しようとしたけどスケールが大きすぎて捉えきれず、解釈を間違えてしまった」者なんだけど、これはドラゴンサーガでいうとアリエースになる。天命王の正義を理解できないので、邪悪なドラグハートに出会い、愛という普遍的解釈に走ってしまう。
  • ロスターの末路は、自分が神になろうとして失敗してしまったわけだけれど、アリエースはロージアと和解できたみたいで大いに違いがある。のだけれど、アリエースはロージアが愛のことをわかってくれた……と勝手に解釈している(ロージアは最後まで正義を信じている)、のでココもすごい関係だ。
  • ロージア(やっぱり正義が大切だってわかってくれたんだな……!) アリエース(正義より愛だって、わかってくれたんですね……!) すごい関係だな。すごいんだけど、実は彼らの唱える正義と愛は、ドラゴンサーガ本編を通じて中身が同じになるまで収斂しているのであまり問題なさそうでもある。
  • 聖邪を併せ持つドラグハート、アリエースに愛を吹き込んだ"白夜"のドラグハート ソレイルノワールは何処から来た何者なのか、というのはやはり気になるところ。
  • ロージア「他文明と協力して悪を倒すのもまた正義である」 アリエース「他人と協力することが愛である」 というスタンスに落ち着いたので、言ってることは同じだし、おそらくアリエースの方が先にこの結論にたどり着いていたというのがおもしろいところ。
  • エピソード3とドラゴン・サーガはパラレル世界・ほぼ同時間で話が進むので、互いの対称性を見比べるのが楽しく、片方の理解が進めばもう片方も理解が進む、というのがおもしろいところですよ。

 

  • クリーチャー同士の類似性の発見、ちょっとした気づき、これとこれ似てるんじゃないか?とか、そういうのがデュエマ背景遊びの楽しいところだと思うので、詳しい知識がなくても気軽に触れてくれる人が増えてくれればいいなと思ってます。そういう遊び方は公式で紹介してくれないので
  • 競技だけではないデュエルマスターズのいろんな楽しみ方が広がればいいなと思っていますし、その手助けができればいいなと思います。
  • デュエルマスターズは一般的には競技に興味のある人が多く、それ以外のカードの見方がされないことが(僕から見て、ですが)多いように感じられます。ですが、背景を知らないために面白いとわからなかった。という声も聞きますし、そこの層に向けた発信が必要なのかな、と

 

  • いろんなことを話すのと、王来篇はすごく相性がいい!過去の出来事などを掘り起こすいいキッカケになる弾だと思います 十王篇はキャラも一新されて新しく物語に入りやすいし、話もまとまってて面白く、さらに読みやすいので特にオススメなんですよ!
  • 十王篇背景ストーリー! ・最高にかっこいい主人公 ・個性豊かな仲間たち ・クセの強い敵幹部 ・そんな個性と個性をぶつけ合う仲間たちと敵幹部との戦い! ・現れる謎のライバル! ・最後に立ち塞がる圧倒的力を持つラスボス! ・ライバルと共にラスボスに立ち向かう!! 面白い要素しかない!
  • カードデザイン、ゲームデザインも含めて十王篇が好きすぎるので、放っておいたらずっと十王篇の話してると思います

 

  • シールド戦って通常の殿堂構築戦とは全然違ったおもしろさのある遊び方なので、しっかり普及したら遊び方の幅が広がっていいなって思うんだけど、やっぱりどうしてもお金かかっちゃう遊び方だからどっちかというとデジタル向けなのかなって感じがする。
  • 個人的にフォーマットはもうちょっと増えてくれると遊び方が選べて嬉しいのだけれど、競技人口が分散すると色々困ることが起きるのは確かなので、難しいところ。

 

  • 7体(9体)、めっちゃいいんだよな。何がいいって、みんなもうツッコみ疲れてるだろうからいい。つまり第九神帝までいるってことですか?
  • ゴッドという存在は結構自然文明のイデアだなって雰囲気はありますけどね。

 

  • 言及されてはないんだけど、闇王ゼーロは零番目の王として考えてもいいと思うんですよね
  • 冥王、蝕王、絶王などの強そうな王の名前をたくさん出した後で「闇王」を出すのはかなりいいんですよね。闇を包括する王、と付いていれば一目で「コイツが一番すごいんだな」とわかるので
  • 闇を包括する「闇王」が出てきちゃったらそりゃ闇の七王は不必要になるのはわかるんですよね 性質として相性が良くないんだと思う
  • 零番目の凶鬼もついに眠ったままなので、七王政権では基本的に零という数字は嫌われていたのかもしれないですね。
  • 実際のところ、闇の七王だったり、凶鬼に付いている番号だったり、魔導具だったり、ゼロ・ドラゴンだったり、新章闇文明はなにかしら数字に関わるモチーフが多いんですよね。数字を神聖視(闇なので神聖とは違いますが)する文化があるのかもしれません。
  • 闇の王は歴史と共に名前を変える文化が根付いているため、名前を変えて影の者の中に紛れている者もいるという。七王の円卓のカードイラストに見覚えのある影の者が描かれているのは、彼らが身分を偽った闇の七王たちだったからである #デュエマ嘘知識

 

  • あの、デュエマを競技以外の方向性で楽しんでほしいとは言いましたけど嘘知識で盛り上がるのって正しいんですか!?
  • 一番楽しそうに嘘言ってるの公式の人だからわからない……
  • 最も手軽なデュエマ背景遊びは、闇の七王についてあることないこと言うことらしいです。

【6月29日】闇の七王に関する嘘八百の適当な妄想まとめ【全部嘘】 - Togetter 

 

  • 戦略パックで鬼ヶ羅刹が待ってるので十王篇いつまでたっても終わってくれないんですよね いつ終わるんだ俺たちの十王篇
  • 鬼ヶ羅刹、ジャオウガファンは涙無しには見られないカード。実物を見るのが怖い。
  • ジャオウガは本当に強くて、しかし自分より強いモモキングが現れてしまったときに、自分の身体と魂を燃やして鬼エンドを発動までするくらい勝利に執着して、そして燃え尽きてしまった男なんだ……
  • 鬼ヶ羅刹見えるまでは、あ~ジャオウガ一旦撤退も選択できる賢い敵なんだな……って思ってたのに、マジで限界来るまで戦ってたとは思わないじゃん……ジャオウガ……

 

【6月30日】

  • ヨミはゴッドの持つ「単体で完璧なものはなく、補い合う事で完璧な存在になる」という性質を知っていたからこそ、早期に「アウトレイジとオラクルもそうなのではないか?」と気づけたのであり、これがエピソード3の物語の中核。ゲームシステムをストーリーに活かせる、デュエマのひとつの強さですね。
  • パラレル存在になってくると、その存在の意味より為した事柄が同時期に対応している必要があるので難しい
  • オールオーバーザワールド、エピソード3終盤のアウトレイジとオラクルのぶつかりあいのパラレルを一身に引き受けててえらい
  • ガイネクスト極と真は補い合ってひとつの完全なパックになるのでやはりエピソード3なのだ。魔壊王と天命王が補い合って……うーん、なるほど……(オタク・勝手に納得・タイム)

 

  • デスゴロスとネバーエンド、お互いにあんまり納得行ってないまま手を組んでデッドマンを倒すんだけど、お互いにあんまり納得行ってないまま成仏するのめっちゃ好きなんですよね、普通に仲悪いので
  • 普通こういうライバルキャラって一部だけ認めあって終わるみたいなエモい展開があると思うんだけど、彼らが認めたのはモルトなのであってお互いのことはずっと嫌いなまま終わるのすごすぎる。
  • デスシラズもエバーラストも「終わらなさ」を名前に持っているがゆえにオラクルなんですけど、QEDは明確に「終わり」の名前なのでどうかな、という感じ。
  • 「終わっている」うえに「知り得ている」のでアンノウンとの相性もすこぶる悪いですね
  • デスゴロスとネバーエンド、めっちゃ喧嘩したエピソードがあるとかじゃなくて「一緒に戦うことになったのにお互いのことに全く触れない」あたりガチで仲悪い雰囲気があっていい

 

  • 戦略パック十王ギミックばっかりだから全然俺たちの十王篇終わってないんだが大丈夫か……

 

  • ジャオウガのファンは別コロを読んだほうがいいです。ジャオウガが面白いことになるからです。どうなってるんだお前それは。
  • シリアスパートで面白い挙動をしないでくれジャオウガ……面白くなっちゃうから
  • もしかしてジャオウガって槍の方が本体なの?
  • おいおいおい!シリアスなストーリーに気を取られてたけどこいつ全然ドキンダム状態じゃないか!ヤバすぎる
  • 今回の別冊コロコロコミックでは、ジャオウガの頭が尖っている理由が明らかになります。気になる人は今すぐチェック!! えっみんなジャオウガの頭が尖ってる理由気にならないの!?そんなぁ。